養老孟司「日本人のストレスが『バカの壁』を求めた」 2003年流行語大賞入賞の新書が450万部突破

国内 社会

2021年11月30日

  • ブックマーク

 先ごろ、養老孟司さんの著書『バカの壁』が450万部を突破したことが発表された。同書が発売されたのは平成15年(2003年)のこと。発売直後からベストセラーとなり、国会答弁で引用されることもあった。「話が通じない相手との間に見えない壁」がそびえたつ、というのは、たしかに国会でも常に見られる現象かもしれない。この「バカの壁」という言葉は、その年の新語・流行語大賞トップ10に選ばれた。...

記事全文を読む