『家政婦のミタ』から10年、本田望結が語る、フィギュアスケーターと俳優の二刀流を続ける理由

エンタメ 芸能 2021年11月24日

  • ブックマーク

「限られた時間の中でどこまでもってこれるかが、自分のスケートの中で一番やるべきこと。結果だけみると、良いとはいえないけど、自分の中ではちゃんと逃げずにがんばったという気持ち」...

記事全文を読む