晴海フラッグが販売再開も専門家は「資産価値は危うい」 まるで“陸の孤島”…最寄り駅まで徒歩20分以上

国内 社会

2021年11月12日

  • ブックマーク

 東京五輪・パラリンピックの閉幕から早2カ月。余熱の引き始めた今になって、再び注目されている“五輪レガシー”が「HARUMI FLAG(晴海フラッグ)」だ。選手村として使用された総数5632戸(分譲4145戸)の大規模マンション群の正式名称で、近く販売再開の運びとなり、“今年最後の掘り出し物件”などと話題をさらっているのだ。...

記事全文を読む