「小室圭さん」試験不合格 それでも年収「600万円」ではなく「2000万円」のカラクリ

国内 社会

  • ブックマーク

 先日、秋篠宮家の長女・眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)。7月に受験した米ニューヨーク州の司法試験が不合格だったことが判明した。2月に再挑戦するそうだが、果たしてパラリーガルとして働きながら受験勉強は可能なのか、今後の生活費はどうなるのだろうか。

 ***

 10月29日、司法試験の主催者が公表した合格者の名簿に、「Kei Komuro」の名はなかった。9227人が受験した司法試験の合格者は5791人で、合格率は63%。初受験での合格率は78%だった。担当記者は言う。

「10月21日には、小室さんはニューヨーク州弁護士会の主催するビジネス法部門の学生論文コンペティションで優勝したばかり。先月からローウェンスタイン・サンドラーという弁護士事務所でパラリーガル(法務助手)として働き始めた小室さんは、法律家としてかなり優秀なのだろうと思っていましたからね。まさか落ちるとは思いませんでした」

 日本のプリンセスの夫、という特別扱いはなかったということか。小室さんの不合格を真っ先に報じたのはNHK「ニュース7」だった。それによると、彼が日本で勤務していた弁護士事務所の所長に、「今回の試験の結果は不合格でした。大変申し訳ございません。来年2月の試験に再びチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と電話で伝えたという。さらに眞子さんから「小室さんの勉強を支えていきたい」といった言葉をかけられたことも明かした。

家賃は払えるか

「支え合う2人は立派ですが、だからこそ心配な一面もある。小室さんは間もなくニューヨークへ戻り、眞子さんもパスポートを作って、ビザを取得してから後を追うことになっています。2人はマンハッタンに暮らすと見られていますが、品位を保つ生活を送らなければならない立場にあります。家賃相場は1LDKで40万~80万円、それなりの高級マンションに住むことになります。小室さんに家賃が払えるのか……」

 ニューヨーク州の弁護士ならば年収2000万円は下らないというが、残念ながら小室さんは試験に落ちた。仮に月80万円の物件に暮らすとなれば、住居費だけで年960万円となる。パラリーガルの年収は500万~600万円と言われている。これでは家賃すら払えない。そもそもパラリーガルとして働きながら、2月の試験に臨むなんて大丈夫なのだろうか。

 デイリー新潮は「弁護士『小室圭さん』の未来 ケント・ギルバート氏は『事務所の東京支店開設を命じられるかも』」(10月9日配信)で、米カリフォルニア州の弁護士でもあるケント・ギルバートさんから「現在勤める法律事務所の東京支店開設を命じられる可能性もある」と小室さんの明るい未来を聞いていた。もちろん、司法試験に合格したなら、という話だ。改めてケントさんに聞いてみた。

次ページ:不合格でも収入はある

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]