「嵐の22周年」 活動休止期間中に見せるジャニーズではレアな“疑似グループ活動”

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

“嵐の活動休止中の嵐メンバーの活動”

 2021年11月3日、嵐はCDデビューから22周年を迎える。昨年いっぱいで活動を休止しているので、その中で初めて迎える記念の日でもある。この活動休止の間の嵐の変化について、『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)の著者、霜田明寛氏が綴る。

 1999年のデビューから22年。今年の記念日は活動休止中とはいえ、嵐は過去のライブの映画化である「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」の公開というファンへのプレゼントもしっかり用意してくれている。

 思えば、昨年の今頃は、年末の活動休止に向けてのカウントダウンが始まり、休止に向けての特番が組まれたり、歌番組の「最後の出演」などが喧伝されたりと、嵐ムードが濃くなっていった頃だった。

 あれから1年。おかしな言い方だが、“嵐の活動休止中の嵐メンバーの活動”もそろそろ1年を迎える。この1年で彼らは何をし、どんな変化が起きているのかを振り返ってみたい。

 やはり大きなトピックとなったのは、本来なら2020年に嵐としてやるはずだったNHKのオリンピック・パラリンピックのナビゲーターの仕事だろう。再集結か、と騒ぎ立てるメディアもあったが、結果、櫻井翔と相葉雅紀の2人が務めるかたちとなった。

増えたジャニーズの後輩とのからみ

 この例が示すように、活動休止後の活動は、嵐のメンバーは2人までしか一度に集合しないのが基本だ。大野智を除いて4人とも芸能活動を継続はしているが、4人や3人でメディアに登場することはない。

 ソロでの俳優仕事はといえば、櫻井翔は4月クールに「ネメシス」、相葉雅紀は10月クールに「和田家の男たち」とオリンピックを挟むかたちで連続ドラマに主演。

 二宮和也は来年に主演映画「TANG タング」が公開予定。松本潤は年末に主演映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」が公開されるほか、23年には大河ドラマの主演が控えているなど、それぞれ順調だ。

 とはいえ、こうした個々の俳優活動は嵐のグループ活動とも並行して行われていたものだ。

 一方、今年、目に見えて増えたのが、ジャニーズの後輩とのからみだろう。

 2020年に嵐5人がCMキャラクターを務めていたアサヒ飲料「三ツ矢サイダー」のCMは、相葉・櫻井の2人に、Hey!Say!JUMPの山田涼介とSnow Manの阿部亮平と目黒蓮を加えたかたちの5人体制に“引き継ぎ”。

 嵐の冠番組だった「VS嵐」は、相葉雅紀がMCを引き継ぎ「VS魂」に。レギュラーメンバーには風間俊介、佐藤勝利(Sexy Zone)、藤井流星(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)と、相葉と同世代の風間に加え、ジャニーズの若手グループから4名の後輩が集結。

次ページ:ジャニーズの歴史でレアケース

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]