優勝逃した巨人 井納、山口、テームズ、スモーク、中田翔…今年も補強失敗にファンの怒り

スポーツ 野球 2021年10月15日

  • ブックマーク

 巨人は9月26日、阪神に3対4で敗れ、自力優勝が消滅した。クライマックスシリーズ(CS)出場の可能性は残されているが、セ・リーグ3連覇は絶望的と言っていい。既にネット上では“敗因分析”が盛んだ。

 ***

 担当記者は「TwitterなどSNSを閲覧すると、敗因に補強の失敗を挙げる声が相当数にのぼっています」と指摘する。

「2018年10月に原辰徳監督(63)の復帰が発表されました。その際、球団側は『編成に関しても監督の意向を完全に尊重する』と記者会見で断言したのです。Twitterなどでは、『原監督が補強に責任を持っている以上、今季の不振は監督の責任だ』という厳しい投稿が相次いでいます」

 更に、一部メディアが原監督の来季続投を報じたのだが、これも意外なほど巨人ファンに不評だ。「補強に失敗した原監督の続投などあり得ない」という声は多い。

 巨人は資金力が豊富なため、もともと大型補強を積極的に行ってきた。今季も準備は万端だったはずだ。

 DeNAでFA宣言した野手の梶谷隆幸(33)を4年契約・推定総額8億円で、同じく投手の井納翔一(35)を2年契約・推定総額2億円で獲得した。

 梶谷は昨シーズン、打率3割2分3厘、本塁打19本と活躍。井納も6勝7敗をあげた。当然ながら巨人ファンの期待は高かった。

 外国人選手は、サンフランシスコ・ジャイアンツからジャスティン・スモーク(34)を、ワシントン・ナショナルズからエリック・テームズ(34)を獲得した。こちらは2人とも野手だ。

8月には首位

 特にテームズは韓国プロ野球で活躍した実績を持つ。「日本プロ野球とも相性が良く、活躍するのではないか」と前評判は高かった。

「ところがテームズは4月のヤクルト戦で右アキレス腱を断裂。たった1試合の出場で自由契約となりました。スモークはコロナ禍で家族と会えないことに不満を強め、6月に退団と帰国が発表されました。梶谷は7月、右手に死球を受けて骨折、今も2軍です。井納にいたっては3月末の中日戦を2回4失点で降板すると、4月1日に1軍登録を抹消されました。それ以来、1軍のマウンドには立っていません」(同・記者)

 今季のセ・リーグは阪神がロケットスタートに成功。首位を走り続けて話題を集めていた。だが巨人も2位をキープ。そして8月29日には首位に立った。巨人ファンは快哉を叫んだに違いない。

「優勝を目指す巨人はシーズン中も補強を続けました。19年オフに巨人からポスティングシステムで大リーグに移籍した投手の山口俊(34)がサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下の3Aを自由契約になると、一部のOBは反対を表明しましたが、6月に巨人復帰。更に8月6日にはシンシナティ・レッズのスコット・ハイネマン(28)と契約、同じく20日にはチームメイトへの暴行が発覚し出場停止処分が科せられた日ハムの中田翔(32)を無償トレードで獲得しました」(同・記者)

次ページ:G党の怒りは当然

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]