オリックスと広島が筆頭…ドラフトで“本当の即戦力”を獲得したと言える球団名

スポーツ 野球 2021年10月14日掲載

  • ブックマーク

 ルーキーの活躍が目立つ今年のペナントレース。中でも、阪神は佐藤輝明、伊藤将司、中野拓夢が大活躍を見せており、彼らの存在がなければ、優勝争いに加わることも難しかった。Bクラスに沈む広島もまた、栗林良吏と森浦大輔の活躍がなければ、チームはもっと苦しい状況となっていただろう。今月11日に行われたドラフト会議では、支配下、育成を合わせて128人の選手が指名されたが、結局、来年からすぐに戦力化できる選手をより多く獲得できたのは、果たして、どの球団なのだろうか。全選手の顔ぶれを見ながら、探ってみたい。...

記事全文を読む