中日と楽天の「ドラフト」に大いなる疑問…偏りすぎた指名で大丈夫なのか?

スポーツ 野球 2021年10月12日掲載

  • ブックマーク

絶対的な目玉不在と言われる中でも

 10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議。絶対的な目玉不在と言われる中で4球団が競合した隅田知一郎(西日本工大)は西武、2球団が競合した小園健太(市立和歌山)はDeNAが交渉権を獲得した。左腕不足に悩む西武は2位でも前評判の高かった佐藤隼輔(筑波大)を指名し、DeNAも将来性の高い高校生と実力派の大学生をバランスよく指名し、将来に向けて確実な上積みとなった印象だ。...

記事全文を読む