パリ郊外で農園経営25年の山下朝史さん 値段10倍の野菜を高級レストランが求める理由

国際 2021年10月11日掲載

  • ブックマーク

 美食の国フランスで、高級レストランのシェフ達がこぞって求める野菜がある。市場の10倍の価格で取り引きされるその野菜のつくり手は、まったくの未経験から自己流で農業を始めた、山下朝史さん(68歳)という日本人だ。

 山下さんは、日本やフランスだけでなく、アメリカやイギリス等のメディアにも取り上げられ、世界的な講演イベントTEDの舞台にも立った。彼が経営する山下農園は、今年で創業25周年を迎える。異国の地で、どのような思いで野菜づくりをされているのか、話を伺った。...

記事全文を読む