報ステ「大越健介氏」の初登板は微妙な視聴率 民放プロデューサーは“徳光型”を期待

エンタメ 芸能 2021年10月7日掲載

  • ブックマーク

 10月4日、岸田文雄内閣の発足と共にスタートした大越健介キャスター(60)の「報道ステーション」(テレビ朝日)。初日の世帯視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)とまずまずだった。だが、前任の富川悠太アナ(45)の時よりも落ちたという。

 ***...

記事全文を読む