韓国で「鬼滅の刃」コンサート活況&続編公開決定 「反日不買下の日本コンテンツ推し」という奇妙な状況

国際 韓国・北朝鮮 2021年09月21日

  • ブックマーク

冷めやらぬキメツ熱

 2020年に公開された「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は海外でも45の国と地域で上映が行われ、昨年公開の映画として世界1位の興行収入となった。世界で約517億円超を稼ぎ出したその人気は、日本製品不買を謳う韓国でも別格で、関連コンサートが開かれるほどだという。羽田真代氏によるレポート。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は日本製品不買運動下の韓国でも大ヒットし、今年5月には累計観客動員210万人を記録。「千と千尋の神隠し」を超え、韓国では「君の名は(367万人)」「ハウルの動く城(301万人)」に続き歴代3位を記録した。

 映画の公開が終了しても韓国内での“キメツ熱”は冷めておらず、10月20日には「鬼滅の刃 兄妹の絆」の公開が決定した。その後も「鬼滅の刃 那田蜘蛛山編」「鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編」を封切り予定だという。

 映画のみならず、「鬼滅のシンフォニーオーケストラコンサート」が今月15日に開催され、11月にも同様のコンサートが開かれる。〈アニメのオープニング曲「紅蓮華」や挿入歌の「竈門炭治郎のうた」などをアニメの名場面とオーケストラの鮮やかな音楽で鑑賞できる〉内容で、これに〈電子ギターやベース、ドラムなどのバンドサウンドを加えることでさらに豊かで迫力ある演奏が披露〉されるという。

次回作の宣伝ポスターでも

 韓国では、日本による輸出厳格化措置に反発するため2019年7月から日本製品不買運動が行われてきた。不買運動が始まった当初、「NO JAPAN」「ボイコットジャパン」と書かれた幕やステッカーがスーパーや地下鉄列車の窓など、街中いたるところに掲出された。不買運動を意識せざるを得ない環境だったと言っていい。

 以前よりその勢いが衰えているとはいえ、その後も福島第一原発処理水の海洋放出や竹島表記や旭日旗問題などが加わって、不買運動は継続されてきた。

 鬼滅の刃もこれらの問題と無縁とはいかず、主人公・炭治郎が身に着けている耳飾りが「旭日旗を模している」と物言いがついた。韓国メディア各社が取り上げる騒動となり、Netflixでは韓国国内で放映されるアニメに限って耳飾りのデザインを変更するという事態にまでなった。

 原版の炭治郎の耳飾りに描かれているデザインは、赤い丸から放射状に複数の線が延びているのだが、韓国で修正されたデザインは赤丸と耳飾り下部にデザインされている山との間に横に3本線が描かれている。来月20日に公開スタートの「鬼滅の刃 兄妹の絆」の宣伝ポスターでも、炭治郎は変更後の耳飾りを身に着けている。

次ページ:旭日旗への言いがかりの連続

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]