習近平「第二文革」序曲:改革開放の「勝ち組」バッシングが止まらない

国際 Foresight 2021年9月15日掲載

  • ブックマーク

「魂の革命」と讃えられた文革

 毛沢東が発動した文化大革命(1966~76年)は、後に「大後退の10年」と批判され、毛沢東が失った最高権力の座を奪還するための権力闘争絵巻と冷めた目で捉えられがちだ。だが、1966年の発動当初は人類空前の「魂の革命」と大いに讃えられていた。

「魂の革命」とは過去に見られた社会革命でも政治革命でも、ましてや中国古来の易姓革命でもない。誰もが「偉大なる領袖」に忠誠を誓い、毛沢東が掲げる「為人民服務」を活学活用し、「私」を捨て「公」に尽くすための絶え間なき自己改造である。...

記事全文を読む