「安倍前首相」の懐刀の暗躍に不信感を拭えなかった「菅首相」 雌雄を決する総裁選

国内 政治 2021年9月12日掲載

  • ブックマーク

岸田陣営の政策作りに関与

 菅義偉首相が9月3日、自民党総裁選に出馬しない旨を明らかにしたとき、それを予想できた永田町の住民はほとんどいなかったという。予定される総裁選の前に解散に打って出ると報じられたことをキッカケに一気に「菅おろし」の声があがったのは間違いないが、首相がどこまで本気で「総裁選前の解散」を考えていたかが明らかになるにはもう少し時間がかかりそうだ。それよりも、菅首相が安倍晋三前首相の懐刀の暗躍に不信感を拭えなかったという指摘がある。水面下で対峙していた安倍vs菅の雌雄が総裁選で決するか。...

記事全文を読む