大坂なおみ、観客席に打ち込みで非難囂々 “燃え尽き症候群”でなければ良いが

スポーツ 2021年9月8日掲載

  • ブックマーク

 テニスの全米オープン女子シングルスで、昨年の覇者・大坂なおみ(23)が3回戦で逆転負けを喫した。勝負の世界であるから仕方がないにせよ、負けっぷりが悪かった。叫び、ラケットをコートに叩きつけ、放り投げ、挙げ句に観客席にボールを打ち込んで警告まで受けたのである。試合後、彼女は涙ながらに謝罪、休養を示唆していたが……。

 ***...

記事全文を読む