藤井聡太、竜王戦挑戦権獲得で四冠の可能性 間違っても敵に回したくない男の“凄み”とは

国内 社会 2021年9月3日掲載

  • ブックマーク

 藤井聡太二冠(19、棋聖・王位)の飛ぶ鳥を撃ち落とすスピードは常に周囲の予測を超えている。「近いうち初タイトルも」は昨年夏にあっという間の二冠。今年はそれをあっさり防衛し、9月13日の豊島叡王との五番勝負最終局で「最年少3冠」を目指していた。そんなさ中の8月30日、将棋に対する厳しい姿勢からも「軍曹」のあだ名を持つ永瀬拓矢王座(28)と争った竜王戦の挑戦者決定三番勝負の第2局で、第1局に続いて藤井が勝利し、10月から始まる七番勝負で豊島将之二冠(31、叡王・竜王)への挑戦権を獲得してしまった。...

記事全文を読む