死刑判決を受けた工藤会トップ 中野会・元会長を軍師に迎えていた説の真贋とヤクザの「忖度文化」について検証する

国内 社会 2021年09月01日

  • ブックマーク

「工藤会先鋭化」の背景に

 去る8月24日、特定危険指定暴力団「工藤会」トップで総裁の野村悟被告(74)に死刑判決が、ナンバー2で会長の田上不美夫被告(65)に無期懲役の判決が下された。両被告は、北九州市や周辺の地域で漁協の元組合長が射殺された事件のほか、元警察官や看護師らが襲撃されてケガをした事件に関わったとして殺人などの罪に問われていた。極刑宣告は、工藤会が警察や市民に対して牙を剥き、先鋭化していった結果だったわけだが、その裏では、5代目山口組中野会の中野太郎元会長(享年84)が工藤会の参謀役を務めているのでは? という説が時につきまとったという。...

記事全文を読む