首都直下地震が起これば「山の手も危ない」 地質地盤の立体図で判明

国内 社会

2021年08月25日

  • ブックマーク

 今後30年で「首都直下地震」が起きる確率は70%といわれる。都民はまさしく大災害と隣り合わせの生活を送っているわけだが、先ごろ都心部の「地質地盤」を初めて詳細に表した立体図が完成。何と、被害が予想される下町とともに、山の手もまた危ういというのだ。

 ***...

記事全文を読む