「ネズミが鳥を喰い尽くした無人島」で相次ぐ怪奇現象に襲われる “インドア派の鳥類学者”が真相に迫る

国内 社会 2021年8月4日掲載

  • ブックマーク

「子ども科学電話相談」で大人気のバード川上先生こと、鳥類学者・川上和人さん。今年はオリンピックのため、夏休み子ども科学電話相談の放送はない。しかし、がっかりしているあなたに朗報だ。累計16万部を突破した川上さんの鳥類学者シリーズ最新刊『鳥類学は、あなたのお役に立てますか?』から、とっておきの章を全文ご紹介する。今回お届けするのは「べっぴんさん、こんにちは」。舞台は小笠原諸島の火山島、北硫黄島だ。調査開始早々に暴風雨に襲われ、即時撤収を決めて悪路を進む調査隊を怪奇現象が襲う。...

記事全文を読む