政府が乗り出した「ギフテッド教育」の功罪 業界の権威は「方向を間違えると危険」

国内 社会 週刊新潮 2021年7月29日号掲載

  • ブックマーク

〈「突出した才能の子(ギフテッド)」国が支援へ〉。そんな見出しが躍ったのは7月13日付の朝日新聞。記事によると、突出した才能を持つ“ギフテッド”と呼ばれる子どもは記憶力や言語能力などに優れながら、学校での学習に困難を抱えて不登校になる例もあり、文部科学省が支援を検討するという。...

記事全文を読む