自動販売機を社会のインフラに発展させる――高松富也(ダイドーグループHD代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】

佐藤優 佐藤優の頂上対決 ビジネス 週刊新潮 2021年7月29日号掲載

  • ブックマーク

 ダイドーグループは、家庭に薬箱を設置し、使った分だけ集金する「置き薬」から出発した。それはやがて自動販売機と缶コーヒーという形に姿を変え、いまは全国に約27万台を設置する。そこからデータを収集、飲料だけでなく生活必需品も置く、新時代の自動販売機事業が始まっていた。

 ***...

記事全文を読む