大ヒット『鬼滅の刃』効果でも厳しい「消費氷河期」の現実

国際 Foresight 2020年10月29日掲載

  • ブックマーク

 漫画『鬼滅の刃(きめつのやいば)』人気が、ひとり気を吐いている。

 単行本の発行部数は累計で1億部を突破。10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は公開3日間(10月16~18日)の観客動員数が342万人、興行収入46億円と、史上最高を記録した。

 10月25日には興行収入が107億5423万円を記録、公開から10日間での興行収入100億円突破は、『千と千尋の神隠し』が2001年に記録した25日間を大幅に短縮して、日本で上映された映画の中で最も速い日数での達成となった。...

記事全文を読む