スニーカーの「デジタルデータ」が140万円で落札 出品した日本の企業が語る“狙い”と“意義”

エンタメ 2021年7月30日掲載

  • ブックマーク

 今年4月、北米の通販サイトのオークションに出品された“スニーカー”が、日本円にして約140万円で落札された。昨今、投機的な需要も生まれつつあるスニーカー人気を考えれば、これ自体は珍しい現象ではないかもしれない。が、今回落札されたのは、実際に履くことはできない“スニーカーのデジタルデータ”なのだ。

 ***...

記事全文を読む