量販店化するZOZOに「服好きな人間がいない」の声 ミキハウス離脱、しまむらまでも撤退匂わす

企業・業界週刊新潮 2019年1月24日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

ZOZO「前澤社長」の1億円バラ撒きでも消せない悪い評判(2/2)

 1億円をバラ撒く「お年玉キャンペーン」が話題を呼んだ前澤友作社長(43)だが、ZOZOは“株価下落”そして“大手が離脱”の向かい風に見舞われている。既にオンワードが退店を表明したほか、ユナイテッドアローズの撤退も報じられた。

「他にもミキハウスさんなんかもZOZOとの付き合い方に悩んでいるそうです」

 と明かすのは、売上高500億円弱のある著名ブランドの執行役員。ファッション感度の高いユーザーが集っている印象のZOZOだったが、「今はしまむらや西松屋の商品もたくさん並んでいて見え方が変わってきている」と指摘するのだ。...

記事全文を読む