五輪ゴルフを強化委員長・倉本昌弘氏が徹底解説 「松山」は金メダルを獲れる?「笹生」「畑岡」のライバル関係に注目

スポーツ 週刊新潮 2021年8月9日号別冊掲載

  • ブックマーク

 日本のゴルファーが世界を制す――一昔前の夢物語が今、現実と化した。松山英樹(29)がマスターズを制し、笹生優花(20)と畑岡奈紗(22)が全米女子オープンでワンツーフィニッシュ! 俄然期待が高まる東京五輪の展望を、強化委員長を務める倉本昌弘氏が語る。「週刊新潮別冊『奇跡の「東京五輪」再び』」より(内容は7月5日発売時点のもの)

 ***...

記事全文を読む