アーチェリーで「無観客の思いがけない影響」 日本は金メダル第一号を逃した?

スポーツ 2021年7月26日掲載

  • ブックマーク

 日本選手の金メダル第一号は、柔道男子60キロ級の高藤直寿だった。その歓喜に隠れ、あまり話題になっていないが、私は別の種目を第一号候補に挙げていた。それはアーチェリーの混合団体だ。今大会から採用された新種目。アーチェリー界のレジェンドである五輪メダリストの山本博さんから、「アーチェリー競技でいちばん金メダルに近いのは混合団体だと思います」と教えてもらって、ずっと注目していた。...

記事全文を読む