モニタリング、人気のどっきり“落とし穴”に批判殺到 死亡事故で一時下火の過去

エンタメ 芸能 2021年7月7日掲載

  • ブックマーク

 TBSの「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(木曜・20:00)に批判の声が広がっている。本気で歌っている芸能人を落とし穴に落とすという企画だ。これにアニメソング歌手の橋本潮が噛みついたことから、支持者が集まりだしたのだ。それでも落とし穴企画は、今も昔も民放の人気企画で……。

 ***

 そもそも「モニタリング」の“落とし穴”は、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」のオマージュ企画という位置づけだった。

「THE FIRST TAKE」は、“一発撮りで、音楽と向き合う。”をコンセプトに、真っ白なスタジオに置かれた1本のマイクで、ミュージシャンが本気で歌うと言う番組だ。

 一方の「モニタリング」も、真っ白なスタジオで本気で歌うという同様のコンセプトを装いながら、その歌っている最中に落とす「THE FIRST “FAKE”」という企画である。民放ディレクターが言う。

「YouTubeのファンにとっては、オマージュ企画とは思えない点も、より顰蹙を買ったのかもしれません。『モニタリング』は4月15日の放送では、かつて自局で放送した『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦』の人気企画“ショットガンタッチ”を再現して、元プロサッカー選手の中澤佑二らを落とし穴にはめて、視聴者から《悪趣味》《笑えない》《一生懸命な人を馬鹿にしている》といった批判の声が寄せられていたのですが……」

真剣さを笑うな

 5月20日の「モニタリング」では“THE FIRST FAKE”を放送した。A.B.C-Zの河合郁人やフワちゃんなどを落とし、さらに6月17日には再度、A.B.C-Zの河合郁人と塚田僚一、モデルでタレントのJOYなどを落とした。ちなみにJOYは“ショットガンタッチ”でも落とされており、2度目の落とし穴に怒りをぶちまけていた。

JOY:この前やったよね! ショットガンタッチ……もう警察行くよ俺、こんなのが続くなら。

 この17日の放送中、アニソン歌手の橋本潮がTwitterに書き込んだのだ。

《前にTBSのモニタリング出演を断ったのにまた出演依頼がきたんだけどさ、やっぱり断った。で、今、放送中のモニタリングも本気で歌ってるところで落とし穴に落とすってやってるの、これさ、危ないって。下手したら舌噛んで歌えなくなる恐れがあるんだよ。何も考えず笑いを取る事だけで番組つくるなよ。》(6月17日付)

《プロでなくても、本気で真剣に歌っているところにフェイント掛けて落とすってあり得ないから。事故が絶対起こらないとは限らないし。/バラエティーで歌いたくないと思うのは、歌う当事者じゃなくても真剣さを笑い物にされるからです。》(同)

次ページ:落とし穴は他にも

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]