「最後までやり遂げる」のネイティブな表現は? 在米医師が教える生きた英語

加藤友朗 人生で必要な英語はすべて病院で学んだ ライフ 週刊新潮 2021年7月1日号掲載

  • ブックマーク

 コロンビア大学医学部外科教授であり、ニューヨークのトップドクターとして知られる加藤友朗医師。『ネイティブを動かすプレミアム英会話50』(新潮社)の著者でもある加藤氏が日常で出会う“ネイティブ英語”を紹介。

 ***

 前回“code”という医療業界での隠語があるという話をしましたが、これは心肺停止状態のことです。心肺蘇生のことも指します。病院で“He/She is coding.”というのは「患者が心肺停止状態になっている」ということで、“I was just running a code.”とは「僕はいまさっきまで心肺蘇生を指揮していた」ということです。codeは暗号のことですが、病院ではcode blueという暗号が心肺停止を意味することに由来する医療業界用語(medical jargon)です。業界用語というよりはスラングになるかもしれません。

 さて今回の表現はclose the loop。これもビジネスの世界で頻用されるbusiness jargon(業界用語)の一つです。close the loopは直訳では「輪を閉じる」ということですが、「中途半端で放って置かずに最後までやり遂げる」という意味になります。例えば受け取ったメールに全てきちんと返事をすることや、満足度調査を行ったのなら、内容をまとめて、結果をもとに改善点を提案する。そこまでやってループがクローズされることになります。ビジネスではとても大切なことですよね。

 close the loopの使い方の例は“To gain trust from others, the most important thing is to remember to close the loop in all communications.”「コミュニケーションを完結させる(コミュニケーションのループを閉じる)ことは他人の信頼を得るためにもっとも大切なことだ」や、“Before moving on, make sure to close the loop each step of the way.”「どんなときも、一つ一つの過程できちんと最後までやり遂げなければいけない」などです。

 では練習問題です。(答えは下)

1.日本語に訳すと?

“... And to close the loop on this, we just signed the contract today. Thank you all for your great work.”

2.close the loopを使って英語で言うと?

「この議論は最後まで終わりましたか?」

加藤友朗(かとうともあき)
コロンビア大学医学部外科教授。東京大学薬学部、大阪大学医学部を卒業後渡米。世界初の多臓器摘出体外腫瘍切除手術を成功させ、ニューヨークのトップドクターとして世界中から集まる患者の命を救う。『ネイティブを動かすプレミアム英会話50』(新潮社)が発売中。