「天皇陛下は五輪懸念」と言わないとダメなところまで宮内庁長官が追い詰められたワケ

国内 社会 2021年6月29日掲載

  • ブックマーク

“陛下はそうお考えではないか”と

 東京五輪・パラリンピックの開催の是非は国論を二分してきたが、6月24日、宮内庁の西村泰彦長官が定例会見で、「天皇陛下が新型コロナウイルス感染拡大について懸念されている」と言及し、議論に拍車がかかった格好だ。西村長官の発言に至るまでの水面下の動きについてレポートする。...

記事全文を読む