「1日4000人違反」コロナ水際対策は“税金の無駄遣い” ビデオ通話が女性に不評の理由

国内 社会

  • ブックマーク

 東京五輪が目前に迫り、新型コロナウイルスの水際対策強化が喫緊の課題となっている。厚労省によれば、帰国時に義務付けられた14日間の自主隔離期間中に、位置情報アプリの返答などを怠る違反者は、1日につき約4000人にも及ぶという。だが、当の帰国者からは国の施策を「抜け穴だらけでまったく無意味」「税金の無駄遣い」などと、逆に批判する声が噴出しているのだ。隔離生活が実行されているか“監視”するツールとなっているビデオ通話で、不快な思いをしたと訴える女性もいる。

 ***...

記事全文を読む