失明の危機も…急増する加齢黄斑変性の早期発見法 初期症状、検査方法は?

ライフ 2021年06月15日

  • ブックマーク

 白内障や緑内障ほど知られていないが、高齢化に伴い患者数が急増しているのが加齢黄斑変性だ。欧米で中途失明原因第1位の「目のアルツハイマー」と呼ばれるこの病は、日本の中高年にとっても新たな健康危機。注意すべき初期症状と最新の検査・治療法に迫る。

 ***...

記事全文を読む