江本孟紀が語る、“視界グニャリ”加齢黄斑変性からの復活

食・暮らし週刊新潮 2017年8月31日秋風月増大号掲載

 聞き慣れない病名ながら、先進国での失明原因のトップに挙げられるのが、50代以上で発症する「加齢黄斑変性」である。放置すれば、やはり重篤な事態を引き起こしてしまう。

 ***

 黄斑は直径6ミリほどの組織で、網膜の中心部に位置する。日本大学病院の森隆三郎診療准教授によれば、

...

記事全文を読む