東証「取引時間延長」で得をするのは誰? 一般的な投資家が受ける影響は

ビジネス 週刊新潮 2021年6月3日号掲載

  • ブックマーク

 東京証券取引所が取引時間の延長を検討すると発表した。現在の取引は午前9時から午後3時まで、途中1時間の昼休みを挟むから実質5時間だ。これを延ばすかという議論の引き金は、昨年10月のあの事件だった。...

記事全文を読む