「バースの再来」はいなくても…阪神の外国人成功率は12球団トップだった

スポーツ 野球 2021年5月30日掲載

  • ブックマーク

 開幕からセ・リーグで順調に首位を走る阪神。大物ルーキーの佐藤輝明に注目が集まっているが、ここまでチームを牽引しているのは、投手ではガンケルとスアレス、野手ではサンズ、マルテの外国人選手であることは間違いないだろう。この外国人獲得の成功率の高さは、実は阪神の“大きな強み”と言える部分である。...

記事全文を読む