「ウーバーイーツ」と覇権争い「出前館」創業者が振り返る「私に残ったのは借金10億円だけでした」

ビジネス 企業・業界 週刊新潮 2020年5月28日号掲載

  • ブックマーク

映画をヒントに

 コロナ禍で人気のフードデリバリーの二大勢力は「出前館」と「ウーバーイーツ」と言えるだろう。そもそも、「ネットで宅配」のビジネスモデルを日本に定着させたのは、出前館創業者の花蜜幸伸(はなみつこうしん)である。ところが彼は、出前館との関係を完全に断たれ、一時は「住所不定無職」にもなった。当の花蜜氏が、波瀾万丈の半生を辿る。

 ***...

記事全文を読む