ウーバーのライバル「ウォルト」って? 「地元の名店」の配送で差別化

ビジネス 週刊新潮 2020年12月24日号掲載

  • ブックマーク

 都会では、フードデリバリーが定着して久しい。

「アプリをダウンロードして、お店のメニューをタップすると、近くの配達員を探してくれる。登録したクレジットカードで配送手数料と食事代を合わせた金額を払うと、数十分後には料理を自宅まで届けてくれる。この手軽さと巣ごもりによる需要増から、市場は約4200億円にまで拡大しています」(外食ジャーナリスト)...

記事全文を読む