ワクチン抜け駆け接種問題 懲りないトップたちの謝罪は「0点」

国内 社会 2021年5月25日掲載

  • ブックマーク

 数多くの国民が切望している新型コロナウイルスのワクチン接種の「抜け駆け」問題が後を絶たない。

 まずは地方の首長。茨城県城里町の町長を皮切りに、次々とワクチンを順番抜かしで接種した事例が報告されている。

 多くの場合、これら首長の主張は似ていて、

「余ったワクチンを接種した。自分は医療関係者なので(または危機管理上、意味があると考えるので)、早めの接種には意味がある」

 というものだ。...

記事全文を読む