佐々木朗希、デビュー戦全投球を徹底分析…見えた“克服すべき課題”は

スポーツ 野球 2021年05月17日

  • ブックマーク

 5月16日の西武戦で一軍デビューを果たした“令和の怪物”佐々木朗希(ロッテ)。結果から先に書くと5回を投げて4失点(自責点2)で、試合は引き分けに終わり、佐々木には勝ちも負けもつかなかった。全体的には、可もなく不可もなくという内容と言えるが、改めてその素質の大きさとまた克服すべき課題が見えたことは確かだ。そんな佐々木の初登板をあらゆる数字から分析してみたい。...

記事全文を読む