茨城一家殺傷・岡庭容疑者が10年前に起こした通り魔事件 被害少女の父が語った「無念」

国内 社会 週刊新潮 2021年5月20日号掲載

  • ブックマーク

「少年法の壁、制度の限界はある」

 茨城県境町の家族4人殺傷事件で、殺人容疑で茨城県警に逮捕された岡庭由征(おかにわ・よしゆき)容疑者(26)。彼は10年前に連続通り魔事件を起こしていたが、少年法に護られ、刑事罰を受けることはなかった。「通り魔」被害者の父親は“少年法の限界”を口にする。

 ***...

記事全文を読む