実は高校野球より過酷…酷使される大学生投手の大きすぎる“問題点”

スポーツ 野球 2021年5月9日掲載

  • ブックマーク

 2年ぶりに行われた選抜高校野球で話題となったのが、「1週間500球」という球数制限だ。この規定に達して降板となるケースはなかったものの、畔柳亨丞(中京大中京)、達孝太(天理)というプロ注目のエースは制限投球数に近い球数を放り、準決勝ではともに先発を回避。リリーフで登板した畔柳は右肘の不調を訴えて2回1/3でマウンドを降りている。今後もこの制限については継続して議論される予定で、夏の甲子園についても「休養日」を1日増やすことが決定された。...

記事全文を読む