30年にわたり“わいせつ診療”を行った医師 法廷で語ったあり得ない“犯行動機”

国内 社会 2021年5月3日掲載

  • ブックマーク

「娘は0歳の頃から斉藤医院がかかりつけだった。逮捕まで何度も通い、祖母も信頼を寄せていました。私も検診でたびたび世話になってきました。被告は物腰柔らかく、すっかり騙されていました……」(被害者母親の調書)

 長年、家族で世話になっていた、地元のかかりつけ医院。その医師が病室で行なっていたのは診療行為ではなく、わいせつ行為だった。信頼を寄せ、同院に通い続けてきた被害者やその家族の衝撃は大きかった。

 ***...

記事全文を読む