新潟・岡山の女児殺害で考える「性犯罪者にGPS装着」の必要性

社会2018年6月5日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

鬼畜から市民を守る唯一の方法

 性犯罪者――いや、敢えて「鬼畜」と呼ぼう――の再犯による重大事件が引き起こされた。我々は何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのだろうか。新潟県警は5月14日、死体遺棄と死体損壊容疑で会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)を、岡山県警は30日に殺人の疑いで勝田州彦(くにひこ)受刑者(39)を逮捕した。

 ***...

記事全文を読む