「酒のツマミ」で松本人志が矢部浩之と共演 思い出す吉本印天然素材との“確執”

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

共演NG説は否定

 4月2日、「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系列・金・21:58)の第1回が放送された。

 ***

 この時間帯は「ダウンタウンなう」(2015年4月~2021年3月)が放送されていた枠だ。「ツマミになる話」は、同番組の1コーナーとして20年8月からスタートした。

 視聴者に好評だったこともあって、松本人志(57)の新しい冠番組としてリニューアル。栄えある初放送とあって、松本もスタッフも万全の準備を整えたのは想像に難くないだろう。

“酒のツマミになるような話なら何をしゃべってもOK”という、まさに無礼講のような番組だ。ゲストが実際に酒を呑んでのトークが唯一の見せ場とあり、キャスティングが重要な鍵を握るのは言うまでもない。

 番組では中央に松本の席があり、その両脇に座るお笑い芸人が実質的なMCを務める。4月2日の放送では、お笑いコンビ・「千鳥[大悟(41)・ノブ(41)]」の2人が出演した。

 2人に寄せる松本の信頼は厚い。実際、彼は番組で「1発目は千鳥だろう」と判断して起用したと説明した。

 更に、「ナインティナイン」の矢部浩之(49)が出演したことも大きな話題となった。放送前から、ネットメディアで「松本人志と7年ぶりの共演が実現」と報じられていたのを目にした方もおられるかもしれない。

 ちなみに7年前の番組とは、「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ系列・1982~2014年)の最終回だった。

「カス」呼ばわり

「いいとも」の後は共演がなかったというのだから、番組でゲストの夏菜(31)が「正直、共演NGなのかと……」と発言したのも頷ける。

 彼女の発言は、視聴者の疑問を代弁したと言ってもいいだろう。一体、2人に何があったのか、まずは番組の一部からご紹介しよう。

 開始早々、口火を切ったのは松本だった。矢部を指さしながら、「ここにおることが変やねん! 違和感しかないねん」とツッコミを入れた。

 矢部は「この番組はすごい楽しそうやな、みんなお酒呑んで喋れて」と思いながら見ていたと振り返るも、「今日、現場来て分かったんが、スタッフぴりついてます」と暴露。たちまちスタジオは爆笑に包まれた。

 2人は共に「共演NG説」を否定。矢部は「(自分たちは)NGではないけれど、回りが気を使われてるというか……」と説明した。スタッフ側の忖度が原因だというわけだ。

 一方で矢部は、松本の著書『遺書』(朝日新聞出版)に、ナインティナインを厳しく批判する一節が書かれていたと指摘することも忘れなかった。

次ページ:写真を割られた過去

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]