4月ドラマ、“編集者モノ”が5本もある理由 コロナ禍も影響か

エンタメ 週刊新潮 2021年4月8日号掲載

  • ブックマーク

 各局で新作ドラマがスタートする。今年はそのラインナップに目を引く特徴が。

「主人公やそれに準じる主要な登場人物に、編集者が多く登場することですね」

 とはさる放送記者。

「4月に始まる連ドラのうち、編集者や記者が登場するのが5作品。五つの局で、ここまで同じ職業の役柄が揃い踏みするのは珍しい」...

記事全文を読む