楽天に中国「テンセント」出資で霞が関が右往左往 米国の顔色を気にして残った問題点

ビジネス 企業・業界 2021年4月7日掲載

  • ブックマーク

払い込みが遅れたのは……

 3月12日、楽天が日本郵政や米ウォルマートなどから総額2423億円を調達する第三者割当増資を発表してメディアに大きく取り上げられた。あまり話題にならなかったが、このとき中国ネット大手の騰訊控股(テンセント)グループからも657億円の出資を受け、楽天の3.65%の大株主になると発表されていた。ところが、テンセントからの出資については、最後までもめにもめていたという。...

記事全文を読む