イスラエル、ワクチン政策のカギは諜報機関「モサド」 中国のワクチン情報を入手、大量の医療物資を獲得

国内 社会 週刊新潮 2021年3月25日号掲載

  • ブックマーク

 新型コロナワクチンはもはや人道物資でなく、戦略物資である。開発に関する情報を入手すべく諜報機関が暗躍し、ときに売り込みの場にまで顔を出す。法もルールもどこ吹く風の旺盛で貪欲な彼らの活動。その実態を国際ジャーナリストの山田敏弘氏が報告する。

 ***
...

記事全文を読む