【特別対談】元担当記者が語りつくす「北朝鮮」の真実に迫る術(上)

国際 Foresight 2021年3月17日掲載

  • ブックマーク

内情をなかなか窺い知ることのできない国家――北朝鮮。その実態にいかにして迫るかが、ソウルや北京に駐在する担当記者の腕の見せ所となる。そこにはどんな苦労があり、その先に何をつかむことができるのか。独自入手した内部資料を駆使した労作『金正恩の機密ファイル』(小学館新書)を上梓した東京新聞(中日新聞)外報部編集委員の城内康伸さんと、元NHK解説委員の塚本壮一さん(桜美林大学教授)という2人の「元北朝鮮担当記者」の対談を、3回にわたってお届けする。

塚本壮一:城内さん、よろしくお願いします。...

記事全文を読む