女子アナとの「W不倫」で辞任 静岡新聞社長が社員に送った往生際の悪い「謝罪文」

国内 社会 2021年3月10日掲載

  • ブックマーク

「やったことも、その後の対応も、すべてが情けないです……」。こう語るのは、静岡新聞社の現役社員である。“ダブル不倫”をフライデーされ、日本中に赤っ恥をさらした静岡新聞社のオーナー社長が、ようやく辞任した。だがこの御仁、最後まで地位に固執し、見苦しい言い訳を繰り返していた。

 ***...

記事全文を読む