「あのときロープを切って逃がしてやれば…」 福島原発後、人影の消えた街に残された動物たちの姿

国内 社会 2021年3月8日掲載

  • ブックマーク

路上に残された犬たち

 福島第一原発の事故後、原発から3キロ圏内に出された避難指示は、その後20キロ圏内まで拡大。突如として無人となった街には、行き場を失った犬たちや牛舎で飼われていた牛たちが残された。震災から3週間後、現地を訪れたカメラマンが目撃したものとは――。

(「週刊新潮」別冊「FOCUS」大災害緊急復刊より再掲)

 ***...

記事全文を読む