文在寅は沈黙、与党議員の「日本神社に行きましたね」発言にある「反日は正義」の押しつけ

国際 韓国・北朝鮮 2021年2月26日掲載

  • ブックマーク

韓国の国会で

 失言や舌禍は、言葉を第一とする政治家やトップにとって命取りにもなる。森喜朗元首相が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長を辞したことで、それは改めて浮き彫りになった。森氏の家族は「悪気があるわけではない」などとインタビューに答えたりもしたが、たとえそれが「無意識の偏見」であっても、看過され難い案件であることもまた強く印象付けた。一方、韓国の政治家はどうか。彼らの中には、「悪意がある言葉」を投げかけ、自分たちの正義を押し付けてくる者も少なくないという。...

記事全文を読む