“フェイク慰安婦”の声があがり続ける、李容洙さん会見後の「大批判の声」とは

国際 韓国・北朝鮮 2021年2月22日掲載

  • ブックマーク

改めて「公式謝罪を」

 去る16日、慰安婦被害者とされる李容洙(イ・ヨンス、92)氏が記者会見を行った。長年、挺身隊、正義連の広告塔として活動してきたが、昨年には正義連元代表で国会議員の尹美香氏の悪事を暴露する会見を行い、その後、尹美香氏が起訴される事態に至った。今回の会見は正義連とは別の団体の支持を受け、「賠償はいらない、お金が目的ではない」として、「謝罪と国際裁判での決着」を訴えたものの、世間の反応は思いのほか冷たく、“フェイク慰安婦”などと呼ぶ声もあがっている。...

記事全文を読む